赤ら顔の対策におすすめのスキンケアコスメ!口コミで評判の人気の高い化粧水をランキングでご紹介します!

赤ら顔はステロイドで治る?

顔が赤くなる状態を赤ら顔と呼んでおり、寒い時期に起きる症状というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。しかし赤くなるのは体温の上昇や興奮、緊張などにより、毛細血管が拡張して表皮から透けて赤く見えている状態のことであり、原因はにきびやにきびの跡だったり、アトピーや敏感肌、ホルモンバランスの崩れなど人により違いもあり、季節に問わず起きる症状となっています。

多少ならば気にならなくても、かなり赤いとなれば周りの目が気になってしまうという人も多いです。赤くなる程度でクリニックに行くのは大げさだと考えてしまいがちですが、なぜ赤くなるのかという原因によって、改善の方法にも違いがあるので、自己判断してしまうとかえって肌トラブルになってしまう可能性もあるといくことは頭に置いておくようにしましょう。特にステロイドを使用する時には気をつける必要があります。

ステロイドで赤ら顔を治す方法とメリットやデメリット

薬物用法では、短期間で改善の効果が期待できることから使用することが多いですが、顔や首は皮膚が薄い部分ということもあり、あまり刺激の強いものは良くないので、弱いものを選択しなければなりません。短期間で治すことができるというメリットがありますが、その分肌への負担も大きくなりがちでありリスクもあるということは頭に置いておくようにしましょう。

スキンケアアイテムを使うメリットとは

薬を使わないと治らないと考えてしまいがちであり、確かに薬を使用した方が早く改善させることができるケースもあります。しかし、リスクがあることも考えると化粧水などのスキンケアアイテムで改善させていきたいと考えるのは当然のことではないでしょうか。化粧水などといったスキンケアアイテムならば、比較的リーズナブルな料金で購入することができるので、肌に合うものを探しやすいという魅力や、肌トラブルというリスクが低いというメリットがあります。

含まれている成分にも注目しておきましょう。赤ら顔の人は、デリケートで敏感肌ということが多いので、肌トラブルが起きにくいタイプの化粧水を使うようにするべきです。薬を使うことに対して抵抗があるという場合には、まずは化粧水などのスキンケアアイテムで治すことのチャレンジから初めてみると良いのではないでしょうか。

ステロイドを使う際に気をつける点とは

アトピー性皮膚炎が原因となっている乾燥や炎症による赤み、掻いた刺激による赤みや跡が赤く残ってしまうなどの場合には、勝手に判断するのではなく皮膚科に足を運び、医師にしっかりと診断してもらう必要があります。ステロイド剤を使って治すこともありますが、逆効果になってしまうこともあるので自己判断してしまわないように気をつけましょう。

酒さ様皮膚炎の場合には、顔に長期間ステロイドを塗り続けたことが原因となって起きる副作用であり、酒さに似た顔のびまん性紅班やニキビのような症状が現れますが、塗るのを中止することにより、一旦症状が悪化した後に改善されるとされています。しかしこの場合も医師の指示に従うようにしましょう。日頃からケアをしっかりと行い、生活習慣にも気をつけることで症状は改善させることができるケースも多いので、スキンケアアイテムや食事内容、睡眠時間などに気をつけて生活しましょう。

 

赤ら顔になってしまう原因は人により違いがあり、原因によって治し方にも違いがあることは間違いありません。自己判断で市販の薬を購入して使用してしまうと、状態をより悪化させてしまうということにもなりかねないので気をつけましょう。スキンケアアイテムとして、化粧水ならば比較的リスクは少なくなっており気軽に試すことができます。もちろん市販の薬もスキンケアアイテムも豊富なので、よく比較して自分に合っているものを選びましょう。