赤ら顔の対策におすすめのスキンケアコスメ!口コミで評判の人気の高い化粧水をランキングでご紹介します!

赤ら顔の原因は病気のせい?

すぐに顔が赤くなってしまう赤ら顔は病気のせいなのでしょうか。

病気のせいだとしたらすぐにでも対策したいでしょう。

今回は赤ら顔の原因について説明するとともに、その対策方法にいたるまで紹介していきます。

 

いったい赤ら顔とはどんな症状なの?

赤ら顔とは文字通り「顔が赤くなること」で、特に女性に多いと言われています。それは女性の場合、頬などの肌が薄いからです。

顔が赤くなるのは自律神経や交感神経が緊張することで、皮膚の下にある毛細血管が拡張することで発生します。女性の場合肌が薄いためこの毛細血管が見えやすいのです。

ストレスを感じた時やお酒を飲んだ時、自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れた時などに顔が赤くなりやすくなります。

 

赤ら顔の根本原因とはなんだろう?

赤ら顔の原因は、顔の毛細血管が拡張することです。それにはいくつかの要因があり、寒暖差の激しいところで育った人は顔が赤くなりやすいです。

また、自律神経が乱れ女性ホルモンのバランスが乱れることで血管の収縮・拡張に異常が発生している場合もあります。また、ストレスや緊張などで、自律神経が乱れ、血管が拡張していることでも顔が赤くなります。

その他には、発熱や熱中症や高血圧などの身体的疾患がある場合も顔が赤くなることがあります。もし急激に顔が赤くなった場合は、このような疾患にかかっているかもしれませんので、速やかに医師の診断を受けましょう。

もし、赤い顔が慢性化すると、顔が赤くなるだけでなく、吹き出物や膿疱を伴うことがあります。なお、顔が赤い状態で外に出てしまうと、紫外線やほこり、花粉アレルギーなどの影響で、炎症を起こす可能性もあるのです。

体質や生活習慣、間違ったスキンケアが要因となって、皮脂が過剰に分泌され、皮膚常在菌のバランスが崩れ、脂漏性皮膚炎を引き起こす可能性もあるのです。化粧水の中には、残念ながら界面活性剤や防腐剤などの添加物が含まれていることも少なくありません。

当然のことながら肌に優しいのは添加物フリーのものです。このようなものが含まれていないかどうか、成分をよく確認して購入するようにしましょう。防腐剤が含まれていないと、冷蔵庫で保管するという手間が発生するかもしれませんが、その一手間があなたの肌を改善してくれます。適切な化粧水を使用すればアンチエイジング効果も得られます。

 

顔が赤い!その対策法は何がある

もし顔が赤い原因が発熱や熱中症・高血圧などの病気が原因であれば、その根本原因を直すことが先決です。しかしこのような疾患がない場合でも、顔が赤くなることがあります。

それは、皮膚に炎症が起こるなどの肌トラブルが原因の場合もあるのです。肌トラブルの中には、ストレス肌・乾燥肌・敏感肌などの要因があります。

基本的に赤ら顔は女性であれば、誰でもなります。例えば、寒い外から自宅の暖かい部屋に戻った時には誰もが顔が赤くなるのです。

しかし、健康な人はすぐに赤いのが解消しますが、中にはいつまでたっても顔が赤いのが治らない人もいるでしょう。そんな人こそ肌にトラブルを抱えている可能性があるのです。

人から指摘されたりするととても恥ずかしいですし、鏡を見るたびに嫌な気持ちになってしまうかもしれません。そんな時には適切な方法でスキンケアをすることで治ることもあります。

では適切なスキンケアとはどのようなものなのでしょうか。中には毎日スキンケアをしているのに顔が赤くなるのが治らないという人もいるでしょう。

その場合にはスキンケアに使用している化粧水の成分を見直してみましょう。スキンケアに効く成分として「セラミド」があります。

セラミドには4種類あり、天然セラミド・植物性セラミド・合成セラミド・ヒト型セラミドがあるのです。この中で、肌に最も刺激が少ないのが、ヒト型セラミドです。

このセラミドは、ヒト型と言われているだけあって、人の肌に含まれているセラミドに最も近い成分なのです。そのため、肌にストレスを与えることなく、セラミドを補給することができます。

 

ご紹介したように、赤ら顔の肌トラブルに見舞われる要因は様々です。熱中症・高血圧の場合は速やかに医師の診断を受けましょう。

その他の場合は、乾燥肌などにより肌が敏感になっている可能性があります。この場合は適切なスキンケアをすることで改善することもあるので諦めないようにしましょう。

この時には化粧水の選び方がポイントとなります。ヒト型セラミドが含まれているものを探し、さらには添加剤が含まれているものを避けるようにしましょう。