赤ら顔の対策におすすめのスキンケアコスメ!口コミで評判の人気の高い化粧水をランキングでご紹介します!

赤ら顔を隠すメイク方法

赤ら顔は、皮膚の下の毛細血管が透けて見えたり、ニキビの赤みなどが主な原因です。

赤みがあるだけで、肌が痛々しく見えたり、汚肌のような印象を与えてしまいます。

体質的な事もあり、スキンケアだけでは改善するのが難しい時は、メイクで隠すという選択肢もあります。

そこで、赤ら顔を上手にメイクで隠す方法をご紹介しましょう。

 

コントロールカラーとコンシーラーを上手に使う

肌の赤みを消すのに最も有効なコスメは、コントロールカラーとコンシーラーです。

コントロールカラーは、肌の色ムラを整えるためのコスメで、肌トラブルに合わせた様々なカラーが揃っています。

肌の赤みを消すには、赤の反対色であるグリーンのコントロールカラーを使うのが一般的ですが、顔全体に伸ばすと顔色が悪く見えることもあるので、赤みの目立つ部分だけに使いましょう。

また、光を反射するイエローのコントロールカラーも、赤みを消すのに有効です。

イエローの場合は、ベースメイクとして顔全体に伸ばしても問題はありません。

コンシーラーは、シミやそばかすなどをカバーするのに使用されるコスメですが、肌の赤みを消すこともできます。

リキッドタイプやスティックタイプ、パレットタイプがありますが、使いやすいのはスティックタイプです。

コンシーラーはコントロールカラーよりもカバー力が高いため、気になる部分だけに塗るようにしましょう。

コンシーラーもコントロールカラーと同様に様々なカラーがありますが、赤みを消すにはイエロー系を使用するのがベストです。

地肌の色より少し濃い目の色を選びましょう。

 

オークル系のファンデーションも赤みが消せる

ベースメイクにコントロールカラーやコンシーラーを使うと共に、オークル系のリキッドもしくはクリームファンデーションを使用するとさらに赤みを飛ばせます。

自分の肌よりも黄味が強めの色を選ぶと、綺麗にカバーすることができるでしょう。

ただ、あまりにも濃すぎると地肌の色から浮いてしまうので注意が必要です。

ファンデーションを塗るときは、何度も重ね塗りするのではなく、薄く塗るのがコツです。

少量ずつ、数回に分けて塗るようにすると、上手にカバーできるでしょう。

その上から軽くルースパウダーを重ねると、サラッと美しい仕上がりになります。

表面がサラッとすることで、花粉の季節でも花粉が付着しにくく、肌の更なる炎症を予防することもできます。

化粧直しをする時は、スポンジに化粧水をつけて崩れた部分の化粧をふき取った後、乾いた部分でふき取った部分の境目をぼかします。

その後赤みが出ている部分にはコントロールカラーやコンシーラーを塗り、その上からパフに取ったファンデーションをぼかしながらのせていきます。

周りの部分とブレンドさせたら完了です。

 

最後の仕上げはチークでメリハリをつける

チークは、肌の血色を良く見せるためのコスメなので、赤みを消すには不適切なのではと思われがちですが、最後の仕上げにひと塗りするとメリハリのある立体的な仕上がりになります。

コントロールカラーやファンデーションで赤みをカバーすると、全体的にのっぺりした印象になってしまいます。

赤と反対色の青味のピンクや、イエローベースの人はコーラルピンクのチークを使うと、赤みを抑えながらふんわりと色づいた頬に仕上げることが可能です。

クリームタイプやパウダータイプがありますが、ルースパウダーの上からならパウダータイプの方が相性が良いでしょう。

 

赤みを消すメイクは、参考になったでしょうか。

本格的に赤ら顔を治すなら、皮膚科で長期的な治療を受けることも必要となります。

完全に治るまでの間は、メイクで上手にカバーして自信の持てる肌を演出すると良いでしょう。

色々試しているうちに、オリジナルのメイク法が見つかるかもしれません。

美肌に見せる魔法だと思い、楽しみながらメイクしましょう。