赤ら顔の対策におすすめのスキンケアコスメ!口コミで評判の人気の高い化粧水をランキングでご紹介します!

赤ら顔の人は病気になりやすいって本当?

人によっては、赤ら顔がなかなか治らない人がいます。

それは、はたして病気の前兆なのでしょうか。

もともと、赤ら顔と病気には関係があるのか気になるところです。

そこで今回は赤ら顔と病気の関係性について紹介します。

 

気になる!赤ら顔の原因とはなんだろう

頬や花などが赤くなってしまうことがありますが、その原因としては人それぞれです。体質であったり、寒暖差が激しい寒冷地で育った人は、比較的赤くなりやすい傾向があります。

また、女性ホルモンのバランスが崩れによって、血管の収縮や拡張に異常が発生している場合です。ストレスや緊張によって自律神経に乱れが生じ、血管が拡張している場合などがあります。特に女性の場合は、肌の皮膚が薄いため、ほっぺなどの毛細血管が拡張すると、その赤さが肌を透き通り赤く見えてしまうのです。

その他には、風邪を引いたなどで発熱し赤くなってしまう場合や、熱中症・高血圧が原因で肌が赤くなることもあります。こういったことが理由な場合は、根本原因となる病気を治すのが得策です。

さらに外的刺激により顔が赤くなることもあります。それは、直射日光に当たることによる紫外線によるダメージ・埃・花粉アレルギーなどの外部刺激により炎症が発生してしまうことがあるのです。この場合も皮膚に赤みが生じます。

 

赤ら顔と病気には関係があるの?

さて、赤ら顔と病気には関係があるのでしょうか。それは全くないとはいえません。外的要因や間違ったスキンケアなどで顔が赤くなることもありますが、可能性としてはなんらかの疾患になっている可能性もあるのです。

顔が赤かったり頬が赤い場合には、漢方医学では「瘀血」といいます。これは血液循環が悪いことを表しているのです。特に、血液中のコレステロール・中性脂肪・糖分などの栄養過剰物質・尿酸・乳酸・ピルビン酸などの老廃物が多くなると血液がドロドロとなるのです。

血液がドロドロとなると血液の流れが悪くなります。これが「瘀血」の原因となるのです。この問題の場合は運動不足であることが多いです。適度な運動をするように心がけましょう。「瘀血」状態になると、さらに重度な疾患に陥る可能性があります。

「胆汁」も「尿」も血液から作られています。血液成分の微妙なバランスが崩れることで、胆汁・尿・涙・胃液にも影響が出るのです。血液がドロドロになると、血栓もできやすく過労死・突然死・脳卒中・心筋梗塞・脳梗塞にもなりやすくなります。

特に過労死をした人の前兆としては、肩こり・頭痛・めまい・耳鳴り・動悸・息切れがするとともに、顔が赤くなるという症状が現れています。このことを考慮すると、顔が赤いことはなんらかの病気のサインかもしれません。赤ら顔は、心臓・脳・血管系の病気を発症しやすいということを肝に命じておいたほうがよさそうです。

 

ぜひ知りたい!赤ら顔の解消法について

赤ら顔の解消法ですが、もし根本気に体の疾患があるようであれば、体の疾患を治しましょう

顔が赤くなる症状でも一時的なものがあります。それは風邪を引いたことによる発熱や、暑いところにいすぎた熱中症、生活習慣病の高血圧などは、根本対策をすることで解決することができるでしょう。

また、長期にわたって顔が赤いのは要注意です。心臓病や血液の病気のかの異性があります。まずは、病院で検査を受けて血液検査を行ってみてはいかがでしょうか。

それ以外の場合は、皮膚が単純に弱い可能性があります。特に乾燥しているシーズンに赤くなりやすい人は乾燥肌ということが考えられ、そのような人は乾燥・花粉・ウイルス・紫外線などの刺激により肌が荒れている可能性があります。

肌に良いスキンケアとは、適切な化粧水を使うことです。まず気にするべきポイントはセラミドです。特にヒト型セラミドが一番吸収されやすいので、ヒト型セラミド配合の化粧水を使用しましょう。

また、現在の化粧水には界面活性剤や防腐剤などの添加物が廃校されていることもあります。添加物は大敵です。添加物のない化粧品を使用しましょう。

 

赤ら顔にしょっちゅうなる人は、まず病気かもしれないということを疑いましょう。血液成分がドロドロになっているかもしれないからです。

ぜひ、病院に行って血液検査をするのが良いでしょう。血液成分がドロドロなのは運動不足かもしれませんので、毎日適度な運動をすることも心がけると良いでしょう。

その他には、肌が刺激に耐えられない可能性があります。肌を強くするためには適切なスキンケアが大切です。スキンケアを最適化するには化粧水選びが大切。化粧水はヒト型セラミドを配合しているものを選び、添加物が含まれていないものを選びましょう。