赤ら顔の対策におすすめのスキンケアコスメ!口コミで評判の人気の高い化粧水をランキングでご紹介します!

前へ
次へ

赤ら顔対策化粧水ランキング!

赤ら顔で悩む人のためのおすすめ化粧水をランキング形式でご紹介!

頬や鼻などがいつも赤いという赤ら顔の悩みを持っている方、結構多いのではないでしょうか?メイクで隠そうにもなかなか上手く隠すことができないので、なんとかして赤ら顔を改善したいと思いますよね。調べてみると、赤ら顔の原因はひとつではないようです。

まず、皮膚が薄い人は毛細血管が透けやすいので赤く見えてしまうことが多いそうです。そして、肌トラブルを持っている人も、赤ら顔になることがあるのだそうです。皮膚が薄くて毛細血管が透けてしまうのは理解できますが、どうして肌トラブルから赤ら顔になるのでしょうか。

肌トラブルが多いと、皮膚に炎症が残りがちだといわれています。その炎症がお肌に赤みを残してしまうため、顔が赤く見えてしまうというわけなんですね。乾燥肌やストレス肌、敏感肌などのよくある肌タイプでも、赤ら顔になってしまうことが考えられるのです。

そこで今回は、赤ら顔で悩む人におすすめの、赤ら顔改善が期待できる化粧水を5種類ご紹介します。さまざまなアプローチでお肌を改善してくれるので、スキンケアをしながら赤ら顔が目指せます。

赤ら顔対策化粧水ランキング一覧!

赤ら顔に効果的な成分を独自成分でお肌の奥まで届ける

赤ら顔のスキンケアにおすすめの化粧水第1位として最初にご紹介するのは、「しろ彩化粧水」です。こちらの化粧水は、さまざまな化粧品評価で1位を獲得している実績がある化粧水です。

メイクで隠せないほど顔がいつも赤い、頬や鼻などの赤みが気になるといった赤ら顔は、毛細血管の広がりが原因です。しろ彩化粧水は、配合された海洋性エキスが広がってしまった毛細血管にアプローチします。海洋性エキスは、実際に28日間使った人の8割以上が赤み軽減を実感したという検証結果もあるほど、高い効果が期待できる成分です。その他にも、保湿効果やアンチエイジング、美肌ケアに効果的といわれる、厳選された4種類の和漢植物エキス、高浸透型ビタミンC誘導体もたっぷりと配合。赤ら顔のケアと同時に、美肌や肌トラブル予防も期待できます。

赤ら顔と敏感肌のケアに有効な成分をしっかりとお肌の内部まで浸透させるために、しろ彩化粧水には「多層浸透型バリアテクノロジー」という独自の技術を採用。化粧水をお肌と同じ構造にすることで、驚くほどの浸透力を実現しています。この技術により、豊富に含まれた有効成分をお肌の奥までしっかりと届けることができます。

しろ彩化粧水は、割引や送料無料などさまざまな特典付きの定期コースが用意されており、このコースに申し込んでいれば、30日間の返金保証も受けられます。お肌に合うかどうかを試すこともできるお得なコースで、しろ彩化粧水を試すことができます。

赤ら顔専門エステ監修の完全無添加美容液

赤ら顔で悩んでいる方のスキンケアにおすすめの化粧水第2位は、「アカラフォーミュラ」です。こちらは、赤ら顔などの皮膚トラブル専門のエステサロン「ヌーベルエステティック」が監修した、オールインワンタイプの美容液です。長年赤ら顔に着目して開発した美容液からさらに進化したのが、こちらのアカラフォーミュラです。

アカラフォーミュラには、セイヨウサンザシエキスとアルニカ花エキス2種類の赤みに作用する成分を配合。赤ら顔の原因にアプローチし、改善を促します。お肌の健康もケアするために、高濃度の保湿成分をたっぷり配合し、さらに天然ハーブを加えて赤ら顔の原因である毛細血管の拡張をケアします。

敏感肌で赤ら顔の方でも使えるよう、アカラフォーミュラはできる限りお肌へ刺激を与える成分を排除して作られています。そのため、界面活性剤や防腐剤なども使用せず、完全無添加で化粧品による炎症などの肌トラブルの原因を作らせません。完全無添加の美容液なので、アカラフォーミュラは注文を受けてから容器に充填し、製品のフレッシュさにもこだわっています。製品は自社工場で生産し、酸化による劣化や汚れなどを防ぐため、空気が入らない特殊構造のエアレス容器を採用。手元に届く製品は、いつもフレッシュです。

購入時に届くカルテを返送しておけば、アフターサポートの参考として赤ら顔のスペシャリストによるアドバイスも受けられますから、赤ら顔を解消したい時には力強いサポートとなることが期待できます。

第3位 アヤナス
独自の成分でうるおいとハリのある肌に

おすすめの赤ら顔ケアのための化粧水第3位は、「アヤナス」です。こちらは赤ら顔ケアに特化しているのではなく、赤ら顔の原因になる敏感肌に特化したブランド「ディセンシア」から出ている商品です。

ディセンシアは世界有数の肌科学研究機関であるポーラ研究所との共同開発によって生まれた化粧品ブランドで、高い技術力と研究力、品質管理によって高品質かつ有効性の高い化粧品を生み出しています。

アヤナスには、そんなポーラ研究所との研究によって発明された独自技術がふんだんに使われています。中でも、独自のバリア膜である「ヴァイタサイクルヴェール」は、刺激からお肌を守りながらヒト型セラミドで角層の隅々までうるおいを届ける技術です。その他にも、敏感肌をケアしながら肌荒れの原因となるストレスを内側からケア、さらに糖化ケアも行える成分を配合して、敏感肌を徹底的にケアできる化粧品を完成させています。

アヤナスを含めたディセンシアの商品は、すべて国内の自社工場で生産されています。最先端の研究を行う研究所を併設した自社工場では、同時に厳しい安全基準での安全性テストも実施しています。さまざまなテストをクリアしたものだけを商品化しているので、安心して使えるクオリティの化粧品です。

敏感肌に大敵の刺激を与える可能性があるアルコールや合成香料、紫外線吸収剤を使わず、敏感肌をケアできるアヤナスの化粧品は、化粧水とクリーム、エッセンスとアイクリームの4種類展開されています。ライン使いをすると、敏感肌をしっかりケアできてハリのあるうるおい肌に近づけるでしょう。

3種類のセラミドでバリア機能を改善へ導く

日本ドライスキン研究所が販売する「ULUローション」が、赤ら顔ケアの化粧水第4位です。こちらの化粧水は赤ら顔ケアのために作られたもので、これ1本で赤ら顔対策ができます

ULUローションは、お肌が持つバリア機能に注目しています。敏感肌や乾燥肌など、お肌に何らかの問題を抱えているスキンタイプの方は、バリア機能が低下しているとみられます。そんな赤ら顔の原因となっているバリア機能低下を防ぐために、ULUローションにはお肌の強化成分であるセラミドを3種類配合しています。日常生活で失われがちなセラミドを化粧水で補うことで、バリア機能修復を行います。ULUローションのセラミドは、特殊な医療用のマイナスイオン水に溶かしたものなので、浸透力が高いのが特徴です。マイナスイオンの効果で角質層までしっかりとセラミドを浸透させ、うるおいたっぷりのバリア機能が向上したお肌へと導きます。

できるだけ刺激を抑えるため、ULUローションには余計な成分が一切使用されていません。一般的な化粧水に配合されている事が多い界面活性剤や香料、防腐剤などを使用していない完全無添加、美容成分100%の化粧水なので、安心して使用できるのもうれしいところです。

使い続けていると、お肌のザラザラ感が改善されたり赤みが収まってきたというユーザーの声も多く、満足度98%という口コミでの評価の高さも、製品のクオリティに表れています。赤ら顔を原因からケアするための化粧品として、ULUローションはおすすめできる一品です。

独自の「湿潤美容」メソッドで乾かない肌へ導く

シンプルにスキンケアするためのアイテムとしてポピュラーなオールインワンタイプの化粧品ですが、実際にこれだけでは保湿が物足りないことも少なくありません。また、赤ら顔のような肌トラブルを抱えている方にとっては、もっとしっかりスキンケアをしたいと考えることもあるでしょう。そんな場合でも使えるオールインワンタイプの化粧品が、赤ら顔ケアにおすすめの化粧水第5位としてご紹介する「メディプラスゲルDX」です。

メディプラスゲルDXを販売するメディプラスでは、赤ら顔の原因にもなるストレス性乾燥肌に着目した美容メソッド「湿潤美容」を取り入れています。これは、お肌をうるおいの膜で包んで逃さず、肌本来の機能を守りながら乾きにくいお肌に導くという、メディプラス独自のメソッドです。メディプラスで販売する化粧品には、すべてこのメソッドが活かされており、もちろんメディプラスゲルDXにも湿潤美容が取り入れられています。

濃厚な使用感のメディプラスゲルDXは、高浸透・高保水タイプのオールインワンゲルで、集中的に保湿が可能。三重らせん構造のヒト型コラーゲンを中心に、エイジングケアに有効とされる胡蝶蘭エキスと人柄セラミドも配合し、保湿ケアと同時にハリ・弾力、乾燥小じわといったエイジングケアもできます。パラベンやアルコール、界面活性剤などの添加物不使用、アレルギーテスト済みなので、乾燥肌の方だけではなく敏感肌の方にも安心して使用できるオールインワン化粧品です。

赤ら顔で悩む人のスキンケアにおすすめ!化粧水ランキング

顔の全体、または頬や鼻、あごが明らかに赤くなってしまう「赤ら顔」。冬に寒い屋外から暖かい屋内に入った時に顔が赤くなることは誰にでもある現象ですが、普通は気温差で顔が赤くなったとしても一瞬で元に戻るものです。しかし、赤ら顔は元に戻らず、顔が赤いままという状態が続きます。

私は、そんな赤ら顔で悩んでいる一人です。他人が見てもこの顔の赤みは気になるようで、指摘されることもあるほどです。自分でも、鏡を見るたびにどうしても顔の赤みが気になってしまい悩んでいます。

赤ら顔の原因として、乾燥肌や敏感肌、ストレスなどいろいろな要素が挙げられています。私も普段から人一倍スキンケアには気をつけていて、余計なストレスを感じないように生活習慣もなるべく規則正しく、を心がけているにもかかわらず、赤ら顔がなかなか改善しません。

メイクで隠せるほどの赤みでもないので、どうにかして改善したいと調べていたところ、赤ら顔改善に特化した化粧水の存在を知りました。さらに調べてみると、赤ら顔対策のための化粧水もさまざまな種類の商品があり、化粧水によって保湿力やストレスへのアプローチなど、効果や成分などにも違いがあることがわかりました。

そこで、赤ら顔で悩む張本人である私がリサーチして見つけた、赤ら顔対策におすすめの化粧水をランキング形式でまとめてみました。私と同じく赤ら顔に悩む方のスキンケアのために、是非参考にしてみてください。

うるおいを与えてバリア機能を改善することで赤ら顔改善へ導く

毎日スキンケアをしていても、なかなか顔の赤みが引いてくれないのは、大きな悩みになってしまうものです。メイクで隠すためについ厚化粧をしてしまうと、ますますお肌へ負担を与えてしまいかねません。ですから、赤ら顔は隠すよりも改善を目指す方がお肌の健康のためにもいいと言えます。

しかし、赤ら顔のケアに何をすればいいのかわからない、ということもあるでしょう。赤ら顔対策や改善のために使う化粧水は、何でもいいわけではありません。赤ら顔への効果を期待するのであれば、その原因に対応した化粧水を選ぶのがベストです。

特に、乾燥肌は赤ら顔の原因に多いといわれています。乾燥肌は、その他にもいろいろな肌トラブルを引き起こす原因とされていますから、赤ら顔以外にもニキビができやすくなってしまったり、炎症を起こしやすいお肌になってしまったりすることもあります。乾燥肌を改善するためには、お肌が本来持っているはずのバリア機能を改善することがいいそうです。このことから、赤ら顔対策の化粧水にもバリア機能向上のための成分が多く用いられています。

今回ご紹介している5種類の化粧水は、いずれも赤ら顔の原因にしっかりとアプローチをして、赤ら顔を改善に導く成分が含まれているものばかりです。化粧水によってその成分や効果の違いがありますが、顔を赤く見せてしまう毛細血管の広がりにアプローチしたり、お肌の奥までうるおいを浸透させて乾燥肌を改善する成分を含んでいるものが、赤ら顔対策の化粧水には多いです。

中でも、セラミドを配合している化粧水が多いようです。セラミドには天然セラミド、植物性セラミド、合成セラミド、そしてヒト型セラミドの4種類があります。赤ら顔対策のための化粧水に用いられていることが多いのは、「ヒト型セラミド」で、その名の通り、ヒト型セラミドは人間の身体に元々存在しているセラミドに近い構造で、他のセラミドよりも刺激が少なく安心して使え、肌なじみが良いという特徴があります。

セラミドはお肌のバリア機能に必要な成分ですが、加齢のほか、普段の間違ったお手入れでも減ってしまいます。セラミドが減るとうるおいが減ってバリア機能も低下します。逆に外部からセラミドを補えば、乾燥を防いでバリア機能を回復させられることから、赤ら顔対策のための化粧水にセラミドが多く用いられているんですね。

極力お肌への刺激を最小限にとどめた無添加化粧水でスキンケアを

赤ら顔の原因は乾燥のほか、外部刺激も挙げられます。メイクに限らず、毎日洗顔をしていることも、摩擦や洗顔料によって刺激を与えていることになります。そして、お肌のためと毎日行っているスキンケアも、刺激になっている可能性があるのです。この事実ご存知でしたでしょうか?

洗顔後のスキンケアとして、化粧水や乳液、クリームなどを使っている方は、乾燥予防のためにこれらのアイテムを使っていることでしょう。しかしこのような化粧品の中には、界面活性剤や防腐剤などの添加物が含まれていることが少なくありません。そんな添加物は、知らず知らずのうちにお肌へ刺激を与えていることもあり、スキンケアのための化粧品が原因で肌トラブルを引き起こし、それが赤ら顔の原因になることもあるのです。

肌トラブルが大敵の赤ら顔の改善のために作られた化粧水は、基本的にできる限りお肌へ刺激を与えないように配慮されています。もちろん、刺激となる添加物を一切使用していない無添加化粧品が多い傾向があります。今回おすすめとしてご紹介している化粧水も、添加物不使用の美容成分100%というものばかりです。

防腐剤も使用していない無添加化粧品は、その分日持ちが悪くなったり冷蔵保存が必要となったりするため、一般的な化粧品よりも扱いが面倒と感じることもあるかもしれません。ですが、その分安全性が高くお肌へ与える刺激を最小限にとどめながらうるおいを与えてバリア機能を回復へ導いてくれるものとなっています。

そして、なるべくスキンケアのステップを減らしてお肌へ触れる機会を減らすため、オールインワンタイプの化粧品が多いのも赤ら顔対策化粧水の特徴です。オールインワンタイプなら、洗顔後に1本使うだけでスキンケアが完了します。1本だけですと保湿が不安に思われることもあるかもしれませんが、今回ご紹介している5種類の化粧水は、いずれも保湿力が高いので、重ねてケアをする必要がないほどの高保湿タイプばかりです。結果的にスキンケアの手間が減るので、普段のスキンケアが面倒という方でも使いやすく、かつお肌の奥までしっかりとうるおいを届けてくれるので嬉しいですよね。

保湿力の高さと低刺激性の赤ら顔対策の化粧水は、赤ら顔で悩む方ばかりではなく、肌トラブルを抱えている、乾燥肌で悩んでいる方にも、肌質改善に効果が期待できる化粧水となるのではないでしょうか。

ストレスによる肌トラブルにアプローチして赤ら顔改善に導く化粧水も

乾燥や保湿に対応する赤ら顔対策のための化粧水は、エイジングケアも同時に行える商品が多いのもメリットです。エイジングケアでは、乾燥による小ジワ対策やシミ、ほうれい線ケアなどがありますが、保湿力が高い赤ら顔対策の化粧水なら、これらのエイジングケアが可能です。つまり、赤ら顔対策と同時に年齢に応じたエイジングケアもできるのです。

赤ら顔の原因として挙げられているものの中に「ストレス」があります。人はストレスを感じると身体の巡りが悪くなるといわれており、その結果血管が収縮することからターンオーバーが乱れ、セラミドが十分に作れなくなり、お肌が乾燥するためバリア機能が低下します。バリア機能低下によって刺激に弱いお肌になることから、肌荒れを起こしてしまうこともあるそうです。

今回おすすめしている化粧水の中には、そんなストレスによる肌荒れからの赤ら顔にもアプローチできる成分を配合した商品もあります。ストレス肌に内部からアプローチをすることで、血行促進を行なったりバリア機能を改善したりするので、より効果的に肌荒れを改善し、赤ら顔の改善にもつなげてくれます。

赤ら顔の原因は肌荒れや乾燥肌、ストレスなど多岐にわたりますが、赤ら顔に対応している化粧水はこれらの原因にしっかり対応した成分を配合しています。赤ら顔は敏感肌の方が多いため、敏感肌用の化粧水が多いのもポイントです。そのため、お肌へのやさしさも高い商品が多いので、赤ら顔改善のために使うのはもちろん、乾燥肌に悩む方やエイジングケアをしたい方にとっても、おすすめできる化粧水です。

赤ら顔対策におすすめの化粧水は、すべて赤ら顔改善が期待できる成分が配合されていますが、さらにそれぞれ独自の技術やメソッドを使用するなどで、他との違いを出しています。ですから、赤ら顔に加えて他にも抱えている肌トラブルの改善が期待できる成分などと併せて、ベストな化粧水選びをしてもいただけるとよいのではないかと思います。